SVS パーソナル ヴォイストレーニング&​
フィットネス

SVSついて


SVSは歌を歌おうと決心をしている方には既に“シンガー”の素質があることを知っています。
あなたの個性を精一杯引き出しステップアップのお手伝いをします。
夢は自分で切り開くものです。さあ一緒に階段を登っていきましょう。


SVSは講師と1対1のプライベート空間。
その人の個性を生かしたプログラムでのレッスンを行なっております。
歌を習うきっかけは”歌が好き” ”歌を仕事にしたい”などの前向きな理由が多いはず。
その内側には”自分の声にコンプレックスがある” ”リズムが取れない”などのお悩みの克服も含まれていることでしょう。
SVSは、現在プロとして活動している方、初めてヴォイストレーニングをする方、あるいは他の教室で成果を得られなかった方…などレベルや背景も様々な方々に各々対応したオーダーメイドのレッスンをします。

ヴォイストレーニングは自分との戦いです。

適切なトレーニングを受けることと、ご自身の努力で必ず効果が期待できます。
時にはコンプレックスや苦手分野と向き合っていただくために、厳しいレッスンになるかもしれません。
しかし、それらをご自身で克服できた時の喜びは大きいはずです。
得意を伸ばし楽しさを味わうだけでなく、苦手を乗り越えレベルアップをはかることで、
様々な状況に柔軟に対応できる本物のシンガーになれます。
SVSはあなたのトレーニングを全力でサポートさせていただきます。


SVSの特徴



講師と1対1のプライベートレッスン空間

大手の教室にはグループレッスンがあります。
料金も手頃で、友達作りをしたい方などには向いているでしょう。

しかし、歌いたい曲や音楽の知識、レベル、成長のスピードは人それぞれ。
SVSにはグループレッスンはありません。
他人の目や反応を気にする必要がありませんので、集中した充実のレッスン時間を過ごせます。
ぜひSVSの個人レッスンで、ご自身が取り組みたい音楽と存分に向き合ってください。


1人1人に合わせた個別のプログラムの提供

上達する為には、まず適切な練習をしなくてはなりません。
SVSでは課題曲は設けず、できる限り生徒さんの歌いたい曲でレッスンを進めています。
練習には勉強と同じで成長するためのコツがあります。
1人で練習する事も大事ですが、やはり独学では限界があります。誤ったクセがついてしまうことも…
好きな曲や得意な曲は自分で取り組みやすく、成果が出やすいものですが、反対に苦手な曲には手が出しづらく、何から取り組んでいいのかわからないかもしれません。

そこで、講師はあなたの得意分野と苦手分野を見極め、バランス良く取り組むことができるように、専用のプログラムを作成します。
あなた専用のプログラムは、基本的な音楽知識を身につけられるだけでなく、苦手を克服し、それぞれの目的を達成するための強力なサポートとなることでしょう!


お子様から年配の方まで通いやすいレッスンプラン

SVSには大きく分けて2つのレッスンプログラムがあります。
【レギュラー・ヴォイストレーニングプログラム】と【短期集中プログラム】です。

【レギュラー・ヴォイストレーニングプログラム】は定期的にレッスンに通う方のプログラム。
【短期集中プログラム】は短期間でピンポイントに成果を得たい方のプログラムです。

【レギュラー・ヴォイストレーニングプログラム】には、様々な年齢、性別、職業の方に通っていただきやすいように回数や時間を工夫したコースがあります。

体験レッスンや初回レッスン時に講師があなたにあったプログラム、コースを提案します。
詳しくは、【レッスンメニュー】のページをご覧ください。


優しい、楽しいだけでなく時に厳しい ”プロを育成する” レッスン

成長のスピードは人それぞれです。
短期間で大きく成長する方もいれば、ゆっくり時間のかかる方もいます。
どんな方にもしっかりと寄り添い、成果を得られるようにサポートをしていきます。
SVSでは”プロ”として選ばれる人になれるよう、1人1人の徹底したレベルアップを図り、厳しく本格的なレッスンを提供しています。


現役のベテランシンガーがあなたをサポート!

講師はヴォイストレーニング指導歴20年の現役プロシンガーです。
生徒さん1人1人のレベルや体調など総合して考え、レッスンプランを決め、提供しております。

そして、レッスンを受ける上でとても重要なのは講師との相性です。
講師との信頼関係がなければ、その方にとっての最短距離での上達が遠のいてしまいます。
SVSでは”何でも話せる”講師と生徒の信頼関係を大切にしています。
ぜひどんなことでもフランクにお話しください。
その中に苦手克服の鍵が潜んでいる場合も多々あります。

まずはお気軽に体験レッスンにて、講師に会いにいらしてください。

ページのトップへ戻る